<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レビュースケジュール 1月 ③

c0100768_11275832.gif


>レビュースケジュール 1月 ②
【劇場映画レビュー】 スウィーニートッド (羽生ワーナーマイカル)
【劇場映画レビュー】 その名にちなんで (銀座シャンテ・シネ)
【美術館博物館】 サイレント・ダイアローグ (NTT ICC)
【mono review】 ゲイリーフィッシャー mendota (スポーツバイク)

【音楽/書籍批評】 美術史とその言説 (宮川淳/水声社)
【私事及び時事】 奥飛騨 1泊2日バスツアー (クラブツーリズム)
【呑んだり食べたり】 つけめん屋 桜 (ラーメン/さいたま市)
【スポーツ観戦記】 NFL プレイオフシリーズ (アメリカンフットボール)
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-20 11:28 | 私事及び時事

つけ麺屋 桜 ★★★★

c0100768_233214.jpg<名 称> つけ麺屋 桜
<場 所> さいたま市大宮区桜木町3-90-1
<時 間> 11時~3時 5時30分~23時
<席 数> カウンター8席 テーブル席なし
<定 休> 月曜日
<備 考> 並盛 中盛 大盛とも同価格

>つけ麺屋 桜
管理人が絶対の信頼を寄せている埼玉最強のラーメン屋「麺屋六文銭」が現在○○○○○(自粛)状況に陥ってるため(店長の飽くなき探究心が今は悪い方向に出てるんだよなあ・・・)果たしてどこでで2008年の「麺初め」を迎えるべきなのか頭を抱えてしまっていたのですがここは思い切って新規開拓に賭ける事に。昨年末にひっそりとオープンしながらも着実に評価を高めていると噂の「つけ麺屋 桜」に行って来ました。

カウンター席8席のみという店舗は今まで訪れた店の中でもトップクラスの(?)狭さで券売機の置き場にも事欠くといった感じ。さすがにこれはラーメン屋特有の「狭さ」がもたらす良さも消えてしまうかも。1卓でいいから座敷が欲しいなあ。でもまあ清潔感は保たれているしよほどの大人数で訪れなければ大丈夫。駐車場がないので車で来るのはちょっと大変かも。

肝心のつけ麺はパッと見魚粉がたっぷり乗せられた俗にいう六厘舎インスパイア系。その印象は決して的外れてはいないんだけど随所にこの店ならでは小さなオリジナルが感じられてウマ~い。特に麺はつるしこのバランスが絶妙で秀逸な出来映え。個人的には魚粉系は一本調子に感じちゃうのであまり好みではないのですがそんな自分でも満足な一杯。魚粉スキー諸氏には更にたまらんお味だと思います。麺初め大成功だぜぃ♪
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-16 23:02 | 呑んだり食べたり

美術史とその言説(ディスクール) ★★★

c0100768_21493830.jpg<著 者> 宮川 淳
<出 版> 水声社
<頁 数> 373ページ
<刊 行> 2002年11月
<他 著> 「紙片と眼差とのあいだに」
<他 著> 「引用の織物」

>美術史とその言説(ディスクール)
「引用」の概念を世に知らしめた事で著名な宮川淳による美術評論選集。寄稿された各種論文やフランス文学者阿部良雄との私的な往復書簡等を収録。ラカンやドゥルーズ、ロラン・バルトといった現代思想家たちの豊潤なテクストを強力な拠所にした氏独特の評論は洗練と個性を存分に感じられてとても興味深く読む事が出来た。決して平易な文章ではなく、理解に苦しむ所もたくさんあったがフランス語特有の華麗なセンテンスを巧みに援用した語り口がページをめくる気持ちを最後までキープしてくれた。

内容はポストモダンならぬポスト印象派なる視点から新印象派及び象徴派と呼ばれる美術作品を考察したものが中心。中でも点描で知られるスーラに大きなスポットライトが当てられている。著者はスーラの作品に詳細な考察を施し、彼こそが新印象派そのものだったとまで強力に賞賛しているのだがこの大前提に賛同出来なかったのが残念。往復書簡にて阿部氏も触れているがやはりこのスーラ論は美術史論としてのメインストリームにはなっていない模様。確かに「グランド・ジャッド島の休日」は美術史に残る傑作だと思うけどやっぱりスーラは「異能の画家」というポジション。その考えが変わってしまうまでの説得力は感じれなかった。

今年は美術館行きまくりたい!モロー見てえええええ!!!
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-14 21:33 | 音楽/書籍批評

レビュースケジュール 1月 ②

c0100768_016584.gif


>レビュースケジュール 1月 ②
【劇場映画レビュー】 スウィーニートッド (羽生ワーナーマイカル)
【劇場映画レビュー】 その名にちなんで (銀座シャンテ・シネ)
【美術館博物館】 サイレント・ダイアローグ (NTT ICC)
【mono review】 ゲイリーフィッシャー mendota (スポーツバイク)

【音楽/書籍批評】 美術史とその言説 (宮川淳/水声社)
【私事及び時事】 奥飛騨 1泊2日バスツアー (クラブツーリズム)
【呑んだり食べたり】 龍神洞 (ラーメン/加須市)
【スポーツ観戦記】 NFL プレイオフシリーズ (アメリカンフットボール)
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-10 00:14 | 私事及び時事

ゲイリーフィッシャー メンドータ ★★★★☆

c0100768_17123443.jpg<カラ ー> マッドグレイ
<サイズ> MD 17.5インチ
<サイズ> 27インチ (タイヤ)
<仕 様> ディスクブレーキ
<仕 様> 27段変速ギア
<価 格> 129000円

>ゲイリーフィッシャー メンドータ
まず初めに。最初のレビューにおいていきなり2008年度一番「高い」買い物にケテーイ(笑)身の丈に合わない高額買い物に冷や汗が止まらへん・・・苦手だあ。たくさんのお金が懐から消えてゆくのがたまらなくしのびないいいいい(笑)そんな管理人のイタリアクラスな財布のカテナチオを突き破って購入に踏み切らせたのハイスペックでビューティフルなクロスバイク、メンドータをレビュー。

「100000円を超える自転車と100000円以下の自転車は全く異なる乗り物だ」という専門家の偉そうなコメントを鵜呑みにして購入したんだけど・・・違うよ!これマジで違うよ!!!初心者のファーストインプレッションですらこんなに違うなんて・・・あれだあれ。跨った瞬間に電撃が走った、みたいな(笑)剛性と機能性を兼ね備えた最新の軽量化技術に驚かされました。デザインも渋くてカッコいいでしょ?ロードバイクというと連想されがちなドロップハンドルではない、シンプルなストレートハンドルがカッコイイ!

あまりにも初心者過ぎて専門的なアプローチがにわかも出来ないのが無念(笑)店員さんに最低限のメンテナンス知識だけは教わったんだけど・・・不安だあああああ。ロードバイクがいかにデリケートで、かつ危険な乗り物であるかという事をさんざん脅され・・・もといご教授頂きました。「適当な整備をしているとフロントタイヤが外れて前歯を折ります」とかしれっと言うな(笑)これから少しずつ、車体と肉体をビルドアップしてゆきますので何卒詳しい方アドバイスお願いします!!!
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-05 14:44 | mono review

レビュースケジュール 1月 ①

c0100768_1833162.gif


>レビュースケジュール 1月 ①
【劇場映画レビュー】 スウィーニートッド (羽生ワーナーマイカル)
【劇場映画レビュー】 バンス・ラビリンス (吉祥寺バウスシアター)
【劇場映画レビュー】 君の涙 ドナウに流れ (シネカノン有楽町)
【美術館博物館】 サイレント・ダイアローグ (NTT ICC)
【mono review】 ゲイリーフィッシャー mendota (スポーツバイク)

【音楽/書籍批評】 美術史とその言説 (宮川淳/水声社)
【私事及び時事】 奥飛騨 1泊2日バスツアー (クラブツーリズム)
【ギャンブル諸々】 スロット 立ち回り報告 (1月13日)
【呑んだり食べたり】 龍神洞 (ラーメン/加須市)
【スポーツ観戦記】 NFL プレイオフシリーズ (アメリカンフットボール)
[PR]
by nagayama555 | 2008-01-01 17:54 | 私事及び時事